それはシンプルでどんなスーツや
スタイルにも似合うビジネスリュック、
そして仕事の基地であり、手放せない相棒のような存在であり
機能的にデジタルとアナログを収納する格納庫であって欲しい
ビジネスシーンで使うリュックは
しっかりした造りとシンプルなデザインそして高機能で選びたい
大人が使ってかっこいい
大人のワーキングベース
<スリム/ワイド/Wワイド>
スリムでスタイリッシュに見える立体カット
バッグ側面のラインを上部に行くにつれて細くなる立体的なデザインにしました。
この事により側面から見た時の印象がスリムになります。縦型のバッグは
入れた物が下の方に集中し、どうしてもバッグの上部が
デッドスペースとして空いてしまう傾向になりますので、
細く見えても事実上の収納量は変わりません。
バッグの底面より上部の面積を少なくデザインする事により、手提げとして持った時や
背負った時、荷物の重量に引っ張られてバッグ上部がダラッとなるのを防ぎ
いつも綺麗な状態を維持出来ます。
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
耐久性と強度に影響する部分の強力な補強
リュックタイプのバッグはショルダー片方だけで持つ場面が多くショルダーの
取付け部分に特に力が集中します。長年の経験からバンナイズでは
この部分を本体と同じバリスティックナイロンを重ねて補強しています。
現時点ではバンナイズ以外には見られない強度対策です。
ショルダー取付け部分の強度には絶対的な自信があります。
<画像はスリムタイプを使用>
プライバシーを守る開閉防止ストッパーの取り付け部(両サイドに装備)
打合せ時に書類や資料を出す時、または名詞やペンを取り出す時に
ポケットが不意に大きく開いてしまいちょっと焦る時があります。
このバッグは必要な時には大きく開閉します。そして大きく開けたくない場面が
多い時には両サイドに装備しているループ状のストッパーに、付属のバンナイズひもを使用して
ファスナーを固定しておく事で、ファスナーの開き方を調整出来ます。
使用テストの結果産まれた細かい配慮でちょっと嬉しい機能です。
<画像はスリムタイプを使用>
付属のバンナイズひもの取り付け部分
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<画像はスリムタイプを使用>
<説明画像はすべてスリムタイプを使用しています>
徳島店/Tokushima
渋谷店/Shibuya