実用レベルであって、薄型で、極力コンパクトな長財布は比較的少ないと思います。薄型でコンパクトであれば持っていても軽くて嵩張らず、支払いの時などはレジ前でもたつかない、そしてスーツの内ポケットやバッグの中からさらっと出してカッコ良く振る舞えます。 長財布は制作にあたり折り畳まない紙幣のサイズが基準になるため最小サイズが限られます。日本では¥10,000紙幣がサイズの基準になります。実用レベルであって、紙幣が無理なく出し入れできるサイズの長財布で収納部分の周囲を覆ったこのタイプのデザインでは、この財布が最小サイズだと思います。コンパクトにするとは言えこれ以上小さくすると使いにくくなり実用レベルではなくなってしまいますから。そして、カードは沢山入れると嵩張ってしまうので最小限で抑えるために使用頻度の高いカードを厳選して持ち歩くためにカードポケットを合計4箇所に絞りました。普段使わないけれど持っていたいというカードはカードケースに入れて別に収納するという考え方です。そしてコンパクトでも紙幣の出し入れがし易いように紙幣用のポケットのセンターにスリットを入れて紙幣や財布に掛かる負担を吸収しサイズを最小限に押さえられるようにしました。しかし、どうしても容量が欲しいという場合には簡単に取り外し可能で、必要な時のみ瞬時にカスタマイズが可能なように、L型ファスナータイプなどのパーツを取り付けられるようにもしました。この長財布は、違和感なく使えるようにこのサイズ感の中に基本設計や作り方、機能性や考え方など見えない部分でも新しいアイデアが詰まってます。
折り畳まない紙幣サイズの財布だからこそ
薄型でコンパクトな方がいい。
そして、さらっと出してカッコ良く振る舞いたい。
薄型で最強にコンパクトな長財布
機能を追加するカスタムパーツ
紙幣やカードの収納量を増やしたり、
L型ファスナーの機能などを必要に応じて追加できるカスタムパーツ。
カスタムパーツ
L型ファスナーポケット
カスタムパーツ
カードポケット
紙幣を折らない財布では最もコンパクト
¥10,000札が無理なく出し入れできる
最小サイズがデザインの基本です。実用性を考慮すると
恐らくこれ以上小さくする事は難しいと思います。
紙幣収納部
内側2つの紙幣収納部は
センターにスリットを入れる事で出し入れの時に掛かる力を分散し
スムーズで余裕のある使用感を生み出します。
手前の収納部は
クレジットカードの明細やレシートなどを
保管する場所として使っても便利だと思います。
内側のカードポケットの裏側にもポケットがあり
紙幣やレシートなどを収納できます。
カード収納部
本体内側にカード収納用のポケットが3箇所あります。
カードは沢山入れると財布自体が嵩張ってしまい
スマートさを損ないかねないので、この財布の内側のカードポケットは
数あるカードの中で最も使用頻度の高いカードを
3枚だけ厳選して入るようにデザインしました。
カードによっては、きつくて取り出しにくい場合があるので
カードが掴み易いよう、通常よりカードが多く出るように設計しました。
財布を開けなくてもカードが使えるよう、
そしてカードケースのステッチが財布のデザイン上のアクセントになるように
財布裏面の外側にもカードケースを取り付けました。
機能性とデザイン性の両立です。
本体素材
<ビンテージオイルシュリンクレザー>
革にオイルを染み込ませ、しわのある所はそのしわの感じを失わず、
シボのある所はそのシボの感じを損わないよう、
丁寧に自然な革の風合いや表情を残す加工を施しています。
長く使う事で刻みこまれるキズやヨゴレを特殊加工により少し再現し、
ビンテージ感を強調するような加工も加えています。
革の部位や原皮によってシボの入り方や大きさ、キズ感や汚れ感などが異なります。
それぞれの箇所で製作した革の表情や使い込み感、
エイジング感をお楽しみください。
徳島店/Tokushima
渋谷店/Shibuya