昼ご飯を食べに行く時やカフェに行く時に使って欲しいと思い創ったランチ財布です。これを使い始めてからメインの財布とは別にいつもポケットに入れておいても気にならないコンパクトさと薄さが快適になってしまってます。更に、機能テスト中だった私が使っているプロトタイプが欲しいという要望が多くて今回「社長仕様」を作りました。ランチ財布プラス、開けた時に紙幣を固定できるマネークリップ機能、少し容量が増えても開かないスナップボタン、交通系カードやICカードがそのまま使える外側両面のカードケース、生成りのステッチなどで構成されています。薄型サブウォレットとして現状ではかなり高機能だと思います。

「ランチ財布コンセプト」
昼ご飯を食べに行く時やカフェに行く時に使って欲しいと思います。少量の紙幣や少量のカードや名刺を胸ポケットなどに収める事が出来る薄型のランチ財布です。メインの財布にカードやチケット、レシートや紙幣など何かの時に必要と思われるものを収納すると、財布を選ぶ選択肢はどうしても厚く大きいものになってしまいます。普段使わなくても備えのために持っておきたいものは沢山あります。が、目的を限定した場合必要なもの
はかなり少なく出来るものです。昼ご飯やカフェでの支払いに必要なものだけ、いつも大きな財布を持ち歩くではなく、目的が限定的な時は出来るだけ軽くスタイリッシュにいたいものです。
薄型サブウォレットとして、
現状ではかなりの高機能!
胸ポケットに入るランチ財布「社長仕様」
仕様
品名
胸ポケットに入るランチ財布「社長仕様」
本体:素材
ビンテージオイルシュリンク又は牛ぬめ革
サイズ
(約)縦103mm×横90mm
企画製造
Made in Japan/日本製
その他
お届けする商品に、カートの画像に収納しているカードは含まれておりません。
※この商品は、予告なく仕様変更する場合があります。
品番 VD838
定価¥9,800+消費税

本体のカラーを選択



ビンテージオイルシュリンクレザー

革にオイルを染み込ませ、しわのある所はそのしわの感じを失わず、
シボのある所はそのシボの感じを損わないよう、
丁寧に自然な革の風合いや表情を残す加工を施しています。
長く使う事で刻みこまれるキズやヨゴレを特殊加工により少し再現し、
ビンテージ感を強調するような加工も加えています。
革の部位や原皮によってシボの入り方や大きさ、キズ感や汚れ感などが異なります。
それぞれの箇所で製作した革の表情や使い込み感、
エイジング感をお楽しみください。